Maison de yoshida

MONSIEUR

フランス農事功労章
“シュヴァリエ” 受賞

Maison de Yoshidaが創りあげてきた、
福岡のフレンチ
ムッシュヨシダなくして
福岡の食文化は語れない

1963年渡仏、ヨシダの物語が始まった。パリを経て、スイスのホテル学校でキュイジーヌ哲学と技、歴史を学び、さらに、欧州各国で食文化を習熟。帰国後“日本のフランス料理の父”故、小野正吉氏のもと、ホテルオークラ東京のメニュー開発、同じく、日本の現代バンケット&ブライダルを位置付けた、故、橋本保雄氏とレストラン・バンケットのサービスマニュアルを手がけるなど、ホテルオークラ創業時の基礎に大きく携わる。70年、九州初の本格的フレンチレストラン花の木をオープン。以来50年、福岡のフレンチを支え続ける。さらに、「博多食文化の会」をはじめ、様々な社会貢献活動や食のコンサルティング、ホテル、レストランのプロデュースを数多く手掛けるなど九州・福岡の食文化の向上のため、未来に向かって走り続けている。

1963年

ヨシダの物語が始まる

パリでの語学研修を経て、当時は世界で最も厳しいと
定評のあるスイスインターナショナルホテルスクール
でキュイジーヌ哲学と技、歴史を学ぶ。その後、
フランスを中心に各国の名だたるレストランを訪れ、
ヨーロッパの食生活文化を学んだ。

1970年

ヨシダのフレンチが始まる

小野正吉氏の命を受けて、本格的フレンチレストラン
『花の木』を中洲河畔にオープン。九州のフレンチは
ここから始まった。
福岡の著名人たちの社交場として賑わった。そして、
多くの料理人やギャルソンたちがヨシダスピリッツ
を背負って全国へ旅立った。

メゾン・ド・ヨシダ

第1回目『美味しいものを食べて元気を出そう!』

1989年

フレンチが福岡の文化を育てる

春吉にメゾン・ド・ヨシダをオープンする。
火をテーマに新たなフレンチを極める。ロティスリー
に暖炉、一軒家のフレンチレストランは、五木寛之氏
をはじめ、芸能・文化人たちの隠れ家として愛された。
ヨシダの料理が福岡の文化として根づいた。

『博多食文化の会』発足

 オープンから5ヶ月後、“博多料理人や飲食業に従事
する者の意識向上、社会的地位の向上、また、これから
業界に入ってくる若者に、大きな夢を与えてあげたい”
という思いから『博多食文化の会』が動きだす。

メゾン・ド・ヨシダ

第1回目『美味しいものを食べて元気を出そう!』

1991年

ボランティア活動が始まる

 『“博多食文化の会”で何か社会貢献ができないか、
料理人がゆえにできる事はないか、我々の「技」を使っ
て何が出来るのか』
発足から2年、博多食文化の会が確実に動き出した。
『美味しいものを食べて元気を出そう!』
この取り組みは「児童福祉施設の子どもたちに美味
しいものを食べて喜んでもらいたい」との思いから、
児童福祉施設で生活する子どもたちを招待して、多彩な
料理でおもてなしをするというボランティア活動である。
 博多の祭りに祝い料理が欲しいとの要望で、山笠
に山笠料理、博多どんたくにはどんたく料理を提案
した。近くて遠い国、韓国とは食を通じて文化交流
をおこなってきた。食には国境はありません。
“食は文化であります”をテーマに、この事業の継続
に「誇り」を持ち、この「誇り」が自信となり良質な
仕事につながると考えている。

第22回目『美味しいものを食べて元気を出そう!』

釜山食文化の会と共に

第22回目『美味しいものを食べて元気を出そう!』

釜山食文化の会と共に

2007年

第三章、桜坂に
グランドレストランをOPEN

『食は文化であります。美味しくないものを食べている時間はありません。』をテーマに。美しきプロバンスの記憶を、これまでの集大成とし、メゾン・ド・ヨシダ桜坂をオープンする。

2013年

障がい者の自立と社会参加

博多食文化の会は「障害者の自立と社会参加」をテーマに、
毎年1月、福岡三越・催物会場にて「まごころ製品」大規模販売会を執り行っている。

ピアニスト岩崎大輔氏

【ニッカバー七島】マティーニ

ニッカバー七島 七島啓氏

2013年

障がい者の自立と社会参加

博多食文化の会は「障害者の自立と社会参加」を
テーマに、毎年1月、福岡三越・催物会場にて
まごころ製品」大規模販売会を執り行っている。

2018年

『食の博多舞』

博多の食を支えてきた プロによる食の祭典

『博多食文化の会』の設立から30年を迎え、「博多の食」
を支えてきた、博多食文化の会の名匠による30周年
記念晩餐会「食の博多舞」がホテルオークラ福岡平安の間
にて開かれた。「若手料理人たちに色々な経験を積ませて
あげたい、そして街の雑踏のなかでコツコツ頑張ってきた
名匠をステージにあげて、ライトをあてたい」という
ヨシダの思いから、この「食の博多舞」という晩餐会が
実現されることになった。晩餐会当日は開場と同時に、
“福岡のバーテンの父”と呼ばれる七島啓氏が
バーカウンターでマティーニを振る舞い、ピアニスト岩崎
大輔氏の奏でる音色が雰囲気を盛り上げるなか、名匠
たちによる和洋中の品々で織りなす一夜のコース料理に、
約400人の参加者は、極上の時間を味わった。
『日本一美味しい街・素敵な街・文化の風が吹く街、博多』
と、『日本一美味しい街』を宣言した。

ピアニスト岩崎大輔氏

【ニッカバー七島】マティーニ

ニッカバー七島 七島啓氏

ゴスペル NEW EINGS

やま中

メゾン・ド・ヨシダ

ホテルオークラ福岡

チョコレートショップ

一夜のコース料理

博多百年倉・赤ワイン

ブルゴーニュのスパークリングワイン
福岡ワインクラブ 西村氏セレクト

【花月堂寿永】

花月堂の干菓子 Noelの思い

【ぶどうの樹】

チーズ豆腐 うにジュレ宗像産大豆豆乳
にチーズのコクをプラス ぶどうの樹風

【八ちゃん堂】

新鮮玉子の明石焼き
オークラ山里のだし汁で

【藤よし】

焼鳥の老舗 藤よしの大将が焼きあ
げる弁天とかしわの塩焼き 季節の
野菜添え

【博多廊】

吸物 真蒸 これからの食文化を背負
う若手の一品
甘鯛の真蒸と季節野菜の椀もの

【やま中】

祝い寿司 トロと甘鯛の昆布〆と海老

【華都飯店・頤和園・星期菜】

知久師父伝の上海蟹味噌フカヒレ
のあんかけ 師に思いを込めて

【メゾン・ド・ヨシダ】

フォアグラのソテー おでん屋の大根に
のせてソースポルト トリュフ風味

【ホテルオークラ福岡】

国産牛フィレ肉のパイ包み焼き
赤ワインソース

【因幡うどん】

昭和23より68年の時を越えて 本日の
祝いの特別の一品 冷製うどん いくら
とネギ添え

【チョコレートショップ】

フランボワーズのムースとピスター
シュ ベルガモットの香りと共に
フランス産 ミント風味のショコラ添え
ひと足早いNoelの雰囲気